第4回『まち会議in浦和』を行いました。

こんにちは!ミニ浦和おとなスタッフのがんちゃんです。

朝から雨が降ったりやんだりの天気でしたが、傘をさし今日も子どもスタッフのみんなが元気いっぱい集まって、まち会議を行いました。

今回は、ミニ浦和当日までのまち会議で私たちが大切にしている

「子どもスタッフとおとなスタッフの関わり方」について・・・

まち会議では、子どもスタッフの考えている事を、おとなスタッフと子どもスタッフが話し合って、実現させるにはどうしたらいいかを考えたり、実際にものを作って試したりしながら決めていきます。

この「あーでもない、こーでもない」の時間が楽しいのですが、大変といえば大変です。おとなスタッフがどんなにアイデアを出しても、子どもスタッフが納得して「やりたい!」と思えなければ、前には進めないからです。

また、ミニ浦和当日だけの大変な事を言うならば、450人の一般参加の子どもたちが安全に過ごすためには・・・なるべく「禁止」ではない方法をとりながら、子どもたちにとって楽しい空間を作っていく事は、たくさんの人数のおとなの協力が必要なので、大変といえば大変です。

なにかに夢中になったり、ぼーっとしたりする経験は、子どもにとってどちらも大切なことです。ミニ浦和での時間が、子ども達にとってそんな時間になるようにおとなスタッフは関わっています。

 

さあ!今回のまち会議では、どんどん作って!作って!作って!イメージを形にしていきました。

みんな黙々と、作って!作って!作って!

最後には、作って感じたことを発表しました。

次回のまち会議は、9月30日(日)です。

まち会議もあと2回。作って!作って!がんばるぞー‼

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です