第2回 『まち会議in浦和』を行いました。

こんにちは。ミニ浦和おとなスタッフのがんちゃんです。

台風が心配されていましたが、夏の青空とともに第2回まち会議が行われました。

今回も私たちは様々な「あそび」を取り入れて、まち会議を進めています。

どうしてあそびなの?
児童センターが担当している「子どもがつくるまち事業」は、こんな考え方で運営しています。⇒「あそんでいくとまちになる」それは、次のような考えからです。
私たちは、子どもにとって勉強する事も大切ですが、「あそび」も食事と同じように、とても大切なものだと考えています。
運動あそびをする事で、からだを健やかにする事もできます。歌をうたったり、絵を描いたり、工作をしたりする事で、心を豊かにすることもできます。そしてなにより、「あそび」には人と人との関わりがあります。あそびをする事で、他の人と楽しみを分かちあえたり、また、意見が合わずケンカをしたりしながら、お互いを認め合う経験ができるからです。

私たちは、『ミニ浦和』が、そんな「あそびの場」になってほしいと考えています。そして、そんな風にあそんでいる子どもたちを、近くで見守ってくださる地域のおとなも増えていってほしいとも考えています。

 

さて、今日のまち会議では、

定番のじゃんけんタイムから始まりました。

そして「アタマ・オナカ・オシリ星人」で体を動かして

あそんだ後、みんなで話し合い『ミニ浦和』のお金が決定しました!!

 

お金の単位が円ではなく「スマ」なのは…

「スマ」??ってなあに?浦和を逆から読むと「わらう」⇒英語で言うと「スマイル」⇒省略して「スマ」!これが『ミニ浦和』のお金の単位です。

「自分が考える『ミニ浦和』とはどんなところ?」では…

「なんでもできる!」「おとなからではなく、子どもと子どもがやり取りできる!」などワクワクする声があがっていましたね♡

最後は、会場となるコルソへ行ってきました!

ただ行くだけではつまらないので「宝さがし」と題してグループで決めて「ア行のもの」や「カ行のもの」を往復の道で見つけてくることにしました。児童センターに戻ってきて、見つけたものをジェスチャーで発表!

みんなの表現力にパワーを感じました!

次回のまち会議は、8月19日(日)です。子どもスタッフが『ミニ浦和』でやりたいこと「企画書」を持って、集まります。『ミニ浦和2018』の形が見えてきそうで楽しみですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です