さいたま市児童センターってなあに?

こんにちは 児童センターフェスタブログ担当です。今年のフェスタちらしができました!

さて、さいたま市児童センターフェスタは、児童福祉週間にさいたま市児童センターが行っているおまつりです。

まず、児童福祉週間についてご説明します。

児童福祉週間とは・・・

子どもや家庭、子どもの健やかな成長について国民全体で考えることを目的に5月5日の「こどもの日」から1週間を児童福祉週間と定めれています。今年は5/5~5/12が児童福祉週間となります。

さいたま市児童センターフェスタは、この期間中に、児童福祉の理念を普及・啓発するため、市内児童センターのスタッフが集まって、子どもの健やかな成長のために大切なあそびで楽しいことしよう!と始めたお祭りなのです。

今年度も2019年度の、児童福祉週間標語「その気持ち 誰かを笑顔にさせる種」と、ともに今年も、児童福祉週間を児童センターも盛り上げたいと思っています。

さて、さいたま市内には18か所の児童センターがあります。場所などの詳細はさいたま市社会福祉事業団のHPをご覧くださいね。

児童センターは、0歳から18歳未満のすべての児童を対象とした施設です。いろいろなおもちゃであそんだり、工作をしたり、イベントに参加することができます。

年齢の違うお友だちや隣の学校の友だちとも仲良くなれたりすることも!センターの中には、図書室や運動のできる遊戯室などがあります。イベントに参加するだけではなく、一人のんびり過ごすもよし!グループでワイワイあそぶのも良し!!自由な空間です。

そんな児童センタースタッフが準備している児童センターフェスタ2019は、どんな楽しいことが待っているかな?次回は、どんなことで楽しめるかを紹介します。

コメントをどうぞ